Service Plan

【参考①】鎌倉市の課題(問題提起)を探る

1)鎌倉市の課題を調べる

(課題1)混雑率と交通インフラ

京都市や台東区:浅草のように、年間5千万人を超える人気観光都市には、人気観光地の混雑率への不満が上位の共通課題です。
鎌倉市にもこれに続く2000万人都市としてのポテンシャルを感じます。

しかし、下記ⅱとⅳに記載した街全体の車道幅員の狭さ、宿数の少なさは、観光都市の中でも特徴的だと感じております。


RESASで調べてみると

RESASの「流動人口メッシュ」で見ると、鎌倉市全域は昼夜問わず、平地はほぼ赤色が目立っています。


これまで、この混雑回避対策のプランを練ってきました。
しかし、これもインフラ環境や権利など、ハード面での課題も感じて壁にぶつかります。


(課題2)ステークホルダーを探る


(補足)観光Appの利用課題を探る

(注意)下記は引用元は存在致しません。私の勝手な推測で列挙した資料でございます。

PAGE TOP